取り返しがつかない

漫画原作者で作家の矢樹純のブログ

10/21のこと

6時40分起床。晴れ。朝食は昨日の残りのハヤシライスとポテトサラダ。掃除機をかけたあと、10時まで短編小説の修正やってから予約していたメンタルクリニックへ向かう。
今回のうつ病、早めに治療を始めた方が治りも早いと本で読んだので、調子を崩してからすぐに受診したのだが、良くなったり悪くなったりで、なかなか減薬できない状況だ。
多分、うつ病になってから様々なストレス要因(漫画原作の新連載の企画が上手く進まなかったり小説の短編集を出す企画が上手く進まなかったり毎日のように陰惨な姉妹喧嘩が繰り返されたり本当なら紙の書籍として商業出版したかった作品を電子書籍個人出版することになったりしかもその本が売れなかったり)が重なって、それらのストレスに適切に対処することができないのが原因だと思う。自らストレスを生んでいる部分もあるのでその辺りも気をつけなければならないが、できればもう少しストレスをやり過ごす方法を学びたいところだ。
薬局で先月と同じ量の薬をもらってスーパーで買い物して帰宅したあとは、昼食にカップカレーうどんを食べて短編の修正を続ける。そのあと、子供が帰ってきて集中力が切れたので、来週末に計画しているハロウィンパーティーの招待状を作る作業。子供達にそれぞれ4人まで友達を呼んで良いと言ってあるので、当日は最大15人の子供が集まることになる。うつ病のくせによくやるな、と自分でも思う。
今日は夕方から柔道なので早めに夕飯の支度をしていると、自分が幹事をしている今週末のお母さん同士のランチ会に急用で行けなくなったというメールが立て続けに2件届く。きっと自分と話しても何も面白くないせいだろうとうつ病特有の被害妄想で悲しくなりながら、鶏手羽元と大根の煮物、キュウリとワカメの酢の物で夕飯を済ませて柔道の稽古へ。
今日は子供達、よく声を出して頑張っていた。自分も大人との乱取りを頑張ったが、小内刈りの打ち合いで右足の親指を相手の方の右足に思い切りぶつけ、親指の爪が割れて流血した。動いている間はあまり痛みを感じないので、畳の血痕で周囲の人がざわざわするまで普通に乱取りを続けていた。
消毒液をかけて絆創膏貼ってもらい、テーピングして稽古を終えて帰宅。風呂に入って子供を寝せたあとは『ゴールデンカムイ』を読む。

うつ病の自分が読んで面白いんだから、相当面白い漫画である。すでに有名だとは思いますが読んでない方にはお勧めします。
一気に4巻まで読み終わり、0時就寝。