取り返しがつかない

漫画原作者で作家の矢樹純のブログ

『レヴェナント 蘇えりし者』

今日は今年になって初めて映画を観に行った。
年明けから仕事のゴタゴタで頭が暗黒になっており、映画を観るとか友達と遊ぶという元気がなかったのだ。友人のT夫人と会うのも昨年末以来である。
まずは新宿のキリンシティプラスで待ち合わせ、パクチーサラダや漬けラムのローストをつまみにランチビールを飲みながら、会っていない間に起きた色々なしょっぱい出来事を報告する。話しながら、これだけのことが立て続けに起きたらそれは心をやられても仕方ないな、と思った。
食事を終えて映画館へ。T夫人と観るには珍しい正統派の映画『レヴェナント 蘇えりし者』を観た。

これで1800円でいいのだろうかと思うほど満足度の高い映画だった。「もうやめてあげて」というくらい主人公に襲い掛かる凄まじい困難。気が遠くなるような大自然。そして自分的に大好きな馬の××に××するシーン。

馬々と人間たち [DVD]

馬々と人間たち [DVD]

『馬々と人間たち』という映画(これもT夫人と観た)にも出てきたシーンだが、これは馬乗りの世界の常識なんだろうか。とにかく色々なものを観て、色々なことを感じさせられた、色々なものに満ち溢れた映画だった。
映画のあとは文房具店や雑貨店など見て回り、夜はバルでまたビールやワインを飲む。料理が一皿全て500円の店だったのだが、どれも非常に美味しかった。特にきのこのゴルゴンゾーラが最高だった
飲み終わってもう一軒くらい行きたかったのだが、店を出たところでちょうど雨が降ってきてしまった。外で飲むのは半年振りくらいだし、飲み過ぎて失敗してはいけないので、今日は早めに切り上げて帰ることにした。
帰宅したのがまだ23時前だったのでさらにビールを1本飲み、夫に映画の感想など語って気分良く眠りにつく。0時半就寝。