取り返しがつかない

漫画原作者で作家の矢樹純のブログ

息子、修学旅行から帰る

6時起床。晴れ。小説を書いてから娘達を起こし朝食。豆腐ハンバーグときんぴらごぼうとキュウリの漬物。食べ終わって夫と娘達が家を出たあとは柔道着を洗濯して布団を干す。
午前中は資料本を読み、それから薬局とスーパーで買い物。昼食はリンガーハットで長崎ちゃんぽんを食べた。帰宅後は布団を取り込んで、加藤山羊から送られてきたホラーの原稿をチェックし、OKの返事を出す。その後はホラーのプロットの修正。合間に長女が友達の誕生会に呼ばれたというので、プレゼントのラッピングを手伝う。総合スーパーのギフト売場で働いていたおかげで進物包装は得意だ。
夕方になって車で駅へ。日光に修学旅行に行っていた息子が帰ってくるので迎えに行く。解散式を終えた大荷物の息子を乗せて帰宅し、まずは夕食。豆腐ハンバーグときんぴらごぼう(朝と同じメニュー)と茹でブロッコリー。食べ終わって落ち着いてから、修学旅行の荷物を解く。

息子が家族に買ってきてくれたお土産。
この他に、自分用のお土産としてなぜか桜柄のきれいな扇子を買ってきていた。ちなみに事前に学校から「お土産に木刀は禁止」と注意があったそうだ。
日光でどんなものを見たのか聞いて(現在東照宮が工事中なので、逆に色々変わったものが見れたらしい)、風呂に入ったあとは日記を書いて帳簿をつける。子供が寝たあとは『カンブリア宮殿』を観て推理小説を読んで23時就寝。